家の耐久力を上げるためには壁や屋根のリフォームの際に外壁塗装を行うことが重要です。外壁塗装を行うことにより耐久性が上昇するだけではなく、外観を綺麗にすることができます。そんな外壁塗装のメリットを改めて確認していきましょう。

家を長持ちさせるには外壁塗装が大切

外壁塗装のメリットとは何か?

外壁をキレイにすることには、なんの意味があるのか?・・・実は、見た目、機能性などいろんな魅力があり、家を長持ちさせてくれるメリットがあります。

美しい外観が維持できる

リフォームで外壁塗装を行った場合、まず一番最初に実感するのが見た目の改善です。外壁塗装は、経年劣化によって見た目が大きく悪化します。具体的には、紫外線による色落ちを始め、塗膜のセルフクリーニング機能が低下してしまうのでゴミや汚れがつきやすくなってしまいます。しかし、きちんと定期的に外壁塗装をすることで、家の美観を損ねることなく、外壁の塗膜はセルフクリーニング効果を維持し続ける事ができます。その結果、家は新築時のような美しさを保ち続けることができます。

住宅

家の耐久性が向上する

外壁塗装の塗膜が機能することによって雨風から外壁を保護することができるため、家の耐久性は著しく向上します。また、塗料の種類によって外壁の耐久性は大きく変わります。もっとも耐久性があるのがフッ素系塗料であり、反対に一番耐久性に乏しいといわれているのがアクリル塗料です。なお、一般的な外壁塗装に使われているのはシリコン系塗料であり、約10年間耐久性を維持することができます。なお、フッ素塗料は15年から20年間の耐久力があるといわれています。

一軒家

建物の環境を良く保つ

前述したとおり、外壁塗装によって外壁を雨風から保護することができます。それに伴い、湿気や雨漏りによる屋内への悪影響を防ぐことができます。もし、屋内が湿気っていると、カビが生えたり、建物の耐久性が著しく下がってしまいます。特にカビはアレルギーを引き起こし、健康に害を及ぼしてしまうため、出来る限り湿気は防がなければなりません。よって、外壁塗装による保護は建物内の環境を良くするためにも必要なのです。

家族

省エネで環境に優しい

定期的な外壁塗装をきちんと行い、外壁の塗膜の状態をキープすることでクラック(ヒビ割れ)などを未然に防ぐことができます。それに伴い、湿気を防いだり、隙間風の侵入を防いだり、屋内の断熱効果を維持することができます。その結果、夏は涼しく冬は温かいといった環境をキープしやすくなり、エアコンの稼働率を下げることにつながるので節電及び省エネ効果が期待できます。また、外壁塗装の塗料の中には「断熱塗料」という断熱効果のある中空ビーズが含まれた塗料があり、更に断熱効果を高めることができます。

植物

外壁塗装をしないと将来出費が増える可能性がある

財布

外壁塗装は、決して安くありません。家の規模によって値段が上下しますが、相場としては約100万前後します。しかし、外壁塗装を怠った場合、さらに多くのリフォーム費用がかかってしまう可能性があります。外壁塗装の塗膜による保護能力を失った場合、家が湿気やカビに弱くなってしまいます。また、場合によっては湿気によって湿った材木を餌にシロアリが住み着く可能性もあり、結果、家がボロボロになってしまいます。その場合、家を元通りにリフォームするとしたら、リフォーム費用は100万で済まず、もっと莫大な費用がかかります。よって、結果的に見れば外壁塗装をきちんと行ったほうが、出費をおさえることができるのです。

外壁塗装中の注意点について知る

塗料が人体に与える影響について

男性

外壁塗装の塗料には、シンナーが含まれています。現在のシンナーは昔のものに比べて有毒性が少なく、臭いもだいぶおさえられているのですが、それでもシンナーの匂いによって気分が悪くなる人は少なくありません。また、シンナーによるアレルギーが起こる可能性も考慮しなければなりません。特に小さなお子様はアレルギー反応を起こしやすいため、注意が必要です。なお、シンナーによる主なアレルギー症状として、吐き気や頭痛、体中の痒みや目のかすみ、他にも咳やくしゃみなどが挙げられます。アレルギーは、一度起きてしまうと治療が難しくなるので、できるだけアレルギーを起こさないようにしなければなりません。そのため、アレルギーに敏感な人が家族にいる場合は、何らかの予防を行う必要があります。

口元

防塵マスクを準備する

シンナーは、主に呼吸によって体内に取り込まれてしまいます。そのため、防塵マスクを付けてシンナーを吸い込まないようにしましょう。防塵マスクは基本使い捨てであり、1回使用すると効果がなくなります。なお、防塵マスクは作業服などを販売しているワークショップにて300円前後で購入することができます。

Tシャツ

皮膚からの侵入を防ぐ

シンナーの有毒物質は、呼吸以外にも肌に浸透して吸収されるケースもあります。そのため、外壁塗装の作業を行っている間は、防塵マスクの他にも長袖と長ズボンを着用し、肌の露出を防ぎましょう。これはマスクと同じくらい有効な方法であり、アレルギー予防に高い効果を発揮します。夏場は少しつらいと思うかもしれませんが、薄手のものを羽織っておくだけでもだいぶ違います。

梱包用品

施工中は家を離れる

もっとも有効な予防手段が、施工中は現場に近づかないということです。外壁塗装の工事は家の規模にもよりますが、だいたい二週間ほどかかります。そのため、予防を考えるなら作業中は現場には近づかないようにしましょう。その間の宿泊場所は、実家や親戚の家にお世話になるのが基本です。もし、どこもいく場所がないときはビジネスホテル等に滞在するというのも1つの手段です。

top