見積もりの内訳を理解して安心の外壁塗装業者選び

そろそろ外壁塗装を行いたいけど、外壁塗装に詳しくないという人は多いです。その場合、悪徳業者に騙されるというリスクは大きくなります。このリスクは外壁塗装の簡単な基礎知識を学ぶことで大幅に減らすことができます。

外壁塗装の基礎知識

ファミリー

そもそも外壁塗装とは何か?

外壁塗装とは、簡単にいえば家を守るバリヤーのようなものです。住人を雨風から防いでくれるのが屋根や壁といった外壁ですが、その外壁を雨風から守ってくれるのが外壁塗装です。外壁塗装には防水効果があり、雨や雪、空気中の湿気から家や外壁を守ってくれています。そのため、外壁塗装をすることで外壁の耐久性は増し、家を長もちさせることができます。また、外壁塗装に用いる塗料によって家の家の見た目をよりキレイに見せることができるというのも、外壁塗装を行うメリットの1つです。

塗装

新築から10年目が外壁塗装の目安

外壁塗装は、新築の場合10年が新たに塗装をし直す時期の目安となっています。理由は、外壁塗装による防水の効力がなくなり始めるのがだいたいその時期だからです。そのためか、アンケートでも10年単位で外壁塗装のリフォームを行っている人が多いという結果が出ています。

円グラフ

外壁塗装は専門業者へ依頼する

プロだからこそなせる技

外壁塗装は、自分で行うよりもプロに任せた方が断然美しい仕上がりです。ここで、専門業者に依頼をするメリットを見ていきましょう。

綺麗な仕上がり

近年ではDIYといい、自分で外壁塗装を行う人もいますが、あまり外壁塗装に詳しくない場合は、プロの業者に依頼することをおすすめします。プロと素人が行う外壁塗装を比較すると、仕上がりの見た目や外壁塗装による防水・防塵効果に大きな違いがあります。また、自分で行おうとした結果失敗し、結局業者に依頼することになった場合、リフォーム代に加えて自分で用意した道具の料金も加わり、結果、安物買いの銭失いとなってしまいます。

作業がスピーディー

外壁塗装は、自分で行おうとすると非常に手間がかかります。さらに、慣れないことをするので作業時間は余計にかかってしまい、場合によっては一月以上かかるというケースも考えられます。しかし、プロに依頼することで効率よく作業をしてくれるので自分で行うよりも早く仕上がります。「時は金なり」という言葉があるように、他の作業や趣味の時間に使える時間は何ものにも代えがたいものです。よって、有意義に時間を使うためにも業者に依頼をしましょう。

怪我するリスクを下げる

DIYを行う一番のリスクが、怪我です。外壁塗装では、1階の壁だけではなく、2階や、屋根の塗装も行わなければなりません。そのため、足場を組んだり、屋根に登って作業をしなければなりません。その場合、不慣れな作業をしていると転落してしまい、大ケガをする可能性もありますし、転落死といった最悪の事態が起きることもあります。家族を心配させないためにも、自分で行わずにプロに任せることをおすすめします。

依頼から施工完了までの流れ

作業工程

専門業者選びは見積の内訳が大切

チェックリスト

チェックポイントをおさえる

同じランクの塗料になっているか

塗装業者に依頼して、見積もりを出してもらった際にチェックすべきところは山程あります。外壁塗装を初めて依頼する時に見落としがちなのが、使用する塗料の妥当性です。これは、外壁、屋根、付帯部分と、施工箇所全てが全て同じランクのものになっている必要があります。そのため、業者の人に見積もりを出してもらったときは、施工の際に使用する塗料がきちんと同じランクのものを使っているかどうかを確認しましょう。

塗装回数が3回未満ではないか

施工費用が格安な業者にありがちなのが、塗装が3回未満というケースです。外壁塗装は、従来のペンキ塗りと違い、重ね塗りをすることで耐久性が増していきます。そのため、一般的には3度塗り以上が基本とされています。そのため、3回未満の塗装回数の場合はその業者は断っておいたほうが無難です。リフォームとは基本的に高額であり、安い値段というのは確かに魅力かもしれませんが、その結果家の耐久力に問題が生まれるというのは本末転倒です。

ケレンが記載されているか

ケレンとは下地処理のことで、今使っている古い塗料を剥がす作業のことです。古い塗料を剥がさずにその上から塗料を塗ったとしても、古い塗料と一緒に剥がれやすくなってしまうため、まずはケレンを行ってから外壁塗装を行うのが常識です。そのため、見積書にケレンの項目が書かれていない場合は、その業者は断った方がよいかもしれません。ケレンの見積もりが書かれてないということはケレンを行わないということなのですから。

面積の記載はあるか

見積書で一番複雑なのが、面積の記載です。というのも、塗装面積は業者によって多少の変動があるからです。そのため、正確な塗装面積というのはなかなかわかりにくいのです。しかし、基本的には延べ床面積(建物の各階の床面積の合計)✕3.3✕1.2で算出することができます。そのため、あらかじめ面積を算出しておけば見積書の塗装面積と比較することができます。自分で算出した面積とそうたいして変わらない数字であれば全く問題ありませんが、全くかけ離れた数字だった場合、業者の人に算出方法を問いただしておきましょう。

塗装する場所が記載されているか

塗装箇所の記載がきちんとされているかどうかも業者選びにおいては重要です。業者は、見積書に書かれた作業しか行わないため、記入されていない箇所があった場合、その箇所の塗装は行われません。そのため、見積書をもらった時に箇所の記入漏れがあった場合は業者の人に確認をしておきましょう。もし、記入漏れがあるのかないのかわからない場合は、複数の業者に見積もりを出してもらうと外壁塗装を行う箇所の詳細がわかります。

top